小顔になれるメソッド~顔が大きくなる原因~

最終更新: 3月31日


スッキリとしたフェイスライン

くすみのない肌

そんな小顔に近づくための顔方法をご紹介いたします。


顔が大きくなる原因は生活習慣が大きく関わってきます。まずは、顔が大きくなる原因5つをご紹介します。



1.首・肩こりの放置

首や肩こりを放っておくと血流やリンパの流れが悪くなり、顔がむくみやすくなります。

その他、首にお肉が付きやすくなり、首が短くなったり、そして顔の歪みにも繋がります。

首や肩、肩甲骨は顔の筋肉とも繋がっているのです。

首・肩こりから解消してスッキリとしたフェイスラインを手に入れましょう!


小顔フェイシャルでは、顔のトリートメントだけでなく

≪ お背中、首・肩のマッサージもぜひ取り入れてみてください。 ≫

施術後の仕上がりがグンと上がります!


2.顔の筋肉肥大

顔は小さい筋肉なので力を入れすぎたり、使い過ぎるとすぐに筋肉が肥大し大きくなります。特にフェイスラインやエラは、食いしばりや歯ぎしりを無意識にしている傾向があり、アゴ関節の上にある咬筋という筋肉に力が入っています。この筋肉が肥大するとフェイスラインも重くなるので顔が大きく見えます。咬筋のこりをほぐして”エラ張り”を解消!


3.顔のむくみ

顔のむくみを放っておくと水分や老廃物が滞り顔デカの原因となります。むくみの解消には血行を良くすることが大切です。そうすると、リンパの流れがスムーズになり、むくみが解消します。

むくみの原因:睡眠不足,運動不足,血行不良,塩分過多,お酒の飲み過ぎ,冷え性など



4.顔のたるみ

肌の老化による顔のたるみ、筋肉の衰え、頭皮の硬さなどにより、重力に逆らえず顔がたるみ、顔が大きく見えることも。頬の下あたりがたるんでしまうため、フェイスラインや頬が大きくなったように感じます。その脂肪の重みで頬がブルドッグのように大きくなり、顔が大きくなったような印象に。

頭皮のコリをほぐしたり、表情筋のトレーニングで鍛えるとリフトアップに繋がります。また軽い運動やマッサージで代謝を良くするのも大切です。顔たるみもケアを続ければ小顔化は可能です。


5.顔の脂肪

体重が増えると顔の脂肪もつき顔太りとなります。顔の脂肪が付くと、たまった脂肪と、代謝ダウンによる老廃物が下へと移動していき二重あごの原因となります。あごのラインがないために、首とつながり、顔がふたまわりも大きく見えてしまいます。

対策は適度な運動とバランスのとれた食事です。同時に顔のエクササイズも取り入れると顔のお肉もスッキリします。


●おすすめメニュー

【スリミングボディ&小顔フェイシャル】

当店のスリミングボディでトリートメントの際に使用するパワーツリーは、身体を温めながらリンパの流れを良くし、むくみを解消します。


お背中トリートメント時の首ストレッチでは、首が伸びる気持ちよさと同時に、肩こりがゴリゴリほぐれる感覚が一体となり、何とも言えないとリピーター様に人気です。


首や肩、肩甲骨のハリを解消してスッキリとしたフェイスラインを☆

KIOLA SPA ‐キオラスパ‐

​営業時間 10:00▶21:00

(最終受付18:00)

完全予約制

定休日:火曜日